ポーズを決める女性

女性のファッション、男性のファッション、現代では様々な層にファッションは浸透しています。
それぞれの場所や環境に適したファッションも存在し、もはや誰もがファッションを気にかける時代になってきています。
ファッションの興りは中世のヨーロッパで貴族たちの概念として存在していました。
服装や装いを着飾ることによって権力を象徴するものとしてファッションが存在していました。
以降、時代が進みファッションは大衆化しました。
日本にファッションが流入したのは1900年代です。
当時、東京婦人子供服組合が発足し、服装の西洋化や縫製加工業の発展に寄与しました。

戦後にはファッションは定着し始め、様々な服装が流行りました、国民服の配給、国内初のファッションショーといった服装に関しても意識は国全体でも高まっていきました。
現代では、装いと生活は密接なものになり、文化として定着しました。
装いとは、着る服だけではなく化粧や小物類、バッグといった服装に付随する見た目に関する事全般を指します。
幼少期から服装を気にかけるようになり、制服のない小学校は多く存在します。
自らの個性の表現の場として服装や装いは使われています。

年代による服装の変化も特筆するべき変化です。
10代20代女性における装いは、派手や可愛らしさに重点を置いた服装も多く、メイクも目を大き見せるためにアイラインやつけまつげを使用した技術が存在します。
30代以降の女性としての装いは落ち着きのある上品な大人らしさを演出するようになります。
これは女性も仕事で活躍することが多くなることにより、仕事やプライベートの両方でも個性を表現できる服装が重視された事も一因に挙げられます。
ファッションにはブランドも多く存在し、ブランドにより服装の傾向も大きく変わります。
日本人デザイナーも多く輩出され、デザイナーの活躍の場も広くなっています。
30代という節目を機に、仕事や育児に追われる女性も増えた事により、あたらしい30代女性のファッションが求められています。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930